2006年08月16日

ぐらのこと

最近、ぐらの凶暴性がひどくなってきています。
また、噛まれてしまいました。

両親さえも玄関から、家に入ることが出来ませんでした。
ぐらが玄関で威嚇していたからです。

ワクチンを打ちに病院に連れて行かないといけないのに
キャリーバックに入れることすら出来なくなってしまいました。
ひどく興奮して近寄ることも出来ませんでした。
自分が飼っている猫を病院に連れて行くことも出来ないなんて
情けないです。



posted by そら at 10:31| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そら様

こんにちは。
ぐらちゃん、どうしちゃったんですかね??
凶暴性がひどくなったといっても普段そら様やぐりちゃんと接してる分には変わらないんですよね??
安定剤みたいなものを服用させてから病院に連れて行くとかではダメでしょうか。
もしくは、往診という手もあるかと思いますが・・・。
早く落ち着いてくれるように祈っています。
そら様もあまり気を落とさず、また無理をしすぎないようご自愛下さい。
Posted by Pudding'sMAMA at 2006年08月16日 21:47
お久しぶりです。
ぐらちゃんの凶暴性がひどくなったとのこと、お辛いですね。
私の姉の猫も病院に行くと凶暴になり、犬に噛み付いたこともあるようです。診察の時は、麻酔(気体状の)をして診察を受けます。
いちがいに言えないのですが、凶暴になるのは、精神面の問題もあると思いますが、ホルモン異常や脳の病気も考えられるので、頑張って病院で検査を受けられてみてはいかがでしょうか?口でいうほど簡単ではないと思いますが…。
Posted by 三日月星子 at 2006年08月17日 23:16
ぐらちゃんはその後どうですか?
ワクチンも1年ぴったりで効き目が無くなるわけではないので、急がなくても病院は落ち着いてからで大丈夫だと思いますよ。
三日月星子さんの仰るように、異常がないか検査するのもいいかもしれないですね。
解決策の手がかりになるかもしれないですよ。
今日は琥珀の病院の日なので、ぐらちゃんのような症状について質問してきますね。
Posted by あぽこ at 2006年08月18日 15:28
またまた失礼します。
獣医さんに聞いてきました。
急に凶暴化したのであれば、甲状腺の病気か脳腫瘍の疑いがあるそうです。
もともと暴れん坊ちゃんで、その傾向が強くなったなら、行動学の分野になるそうです。
例えば、何かトラウマがあって、威嚇したり噛み付いたりすることで解決できた場合、それを繰り返すそうです。
この場合、キャットシッターの資格を持っている方(「キャットシッターの仕事をしている」ではなく、「勉強して資格をもっている」人)をネットなどで探して相談するのが効果的とのことでした。
フェリウェイも効果があるそうですが、効いてくるまでに時間がかかるのと、最低でも3本は使わないとダメなのが難点とのことです。
少しでも役に立つといいのですが。
あまり悩みすぎないでくださいね。
Posted by あぽこ at 2006年08月18日 19:50
そらさん、こんにちは。
ぐらちゃん、心配ですね。どうしたのでしょう。
私も、皆さんが仰るように、何かの病気が、そうさせているのでは?という事が心配になりました。
症状の緩和の為にも、獣医さんに診て頂けたらいいですね。
そうそう。獣医さんは、往診して下さる方も多いようですから、まずは、電話で相談してみたら如何でしょうか。
繊細なぐらちゃん。そして、そんなぐらちゃんたちの事を、とても愛していらっしゃるそらさん・・・、どうか安心できる様にと、祈っています。
ワクチンは、最初の一年後以降は、3年周期位で良いという説を、ブリーダー様からも、言われております。我家は、その様にするつもりでおりますよ。
Posted by aqua at 2006年08月21日 08:24
Pudding'sMAMAさんへ

いつも、励ましていただいてありがとうございます。
今回、病院に連れて行く3日位前から薬を飲ませていましたのでよけいにショックでした。
ほんとにいやなんだろうなぁ…
病院の先生は、往診は無理みたいで、あせらずに
方法を考えようと言われました。
一人だと落ち込んでしまうばかりで、いつも皆さんに頼ってしまいます。


星子さんへ

前回病院に行ったときは、ぐらも麻酔をして診察してもらいました。
生まれたときからずっと見ていただいている先生で、
私もこの子はもしかしら、脳の検査をした方がいいんじゃないかと相談したら、それは考えにくいといわれました。
この子は、野生が強いんだよ。上手に付き合ってあげようねって言われました。
とりあえず、病院に連れて行く方法をなんとか考えなくては…と思っています。


あぽこさんへ

琥珀くんの病院でわざわざ、ぐらのこと聞いてきてくださってほんとにありがとうございます。
ぐらが、どうして噛む猫になってしまったのかを
ずっとさかのぼって考えると、私が、この家に引っ越して、一人暮らしを始めてからだと思います。

キャットシッターの資格を持った人ですね。
インターネットで探してみます。
ありがとうございます。


aquaさん

息子さんの広島旅行は如何でしたでしょうか
結局、私は何の情報も伝えることが出来ず
申し訳ないと思っています。ごめんなさい・・・

ぐらは、抱っこも嫌い、フミフミもしない、でも
いつも私の後をずっと付いて歩いて、手を伸ばせは
触れることのできる場所にいてくれていました。
今は、少し距離があいてしまっています。

私も、これだけ思い切り何度も何度も噛まれると
さすがに参ってしまいそうです。
あせらず、すこしづつぐらの気持ちを落ち着かせてあげたいと思っているはずなんですけど・・
皆さんに励ましてもらえてありがたいです。


Posted by そら at 2006年08月21日 21:10
お久しぶりニャン!

ぴーも思うニャ、やっぱり病院で診てもらったほうがいいのかもしれにゃい。
でも、病院へ連れて行くのも大変にゃんだよね・・
てんかんの可能性はにゃい?
参考
Posted by ぴーすけ at 2006年08月22日 02:32
ごめんにゃい!
コメントの途中で、ENTERを2回押しちゃったみたいニャ・・

それでコメントの続き〜

参考:アイリスペットどっとこむ
http://www.iris-pet.com/nyan/jyui/40.html

病気にゃら、病院で治せるかもしれにゃいけど、性格となるとニャンコのしつけはなかなか・・根気が要るかもしれにゃい。
でも、あきらめにゃいでね。
慰めになるかどうかわからにゃいけど、世の中、凶暴ニャンコと暮らしてる人って結構いるにゃよぅ。
ぴーが遊びに行くブログのお友達のところで、動物病院に行ったら、老夫婦の人が凶暴ニャンコを予防接種のために連れて来ていたそうニャ。
普段から、全然体にさわらせてくれにゃいニャンコで、病院に連れて来るのもやっとの思いだったって。洗濯ネットに入れられ、すごっく病院でさわいでいたそうにゃよぅ。
こんにゃニャンコでも、かわいくて仕方にゃいんってとってもやさしそうな老夫婦だったそうにゃぁ。

大丈夫、そらしゃんの気持ちがぐらちゃんにきっと伝わるニャ。
ぴー微力にゃけど、応援してるニャ。

そうそう、予防接種は、完全室内飼いの場合、1年周期じゃにゃくっても問題ないにゃよぅ。
3年に1度でいいくらいニャ。
ぴーは、時々お外にお出かけすることがあるにゃから、2年に1度にしてるにゃ。
Posted by ぴーすけ at 2006年08月22日 03:06
ぴーちゃん、ぴーママさん

励ましていただいてありがとうございます。
「病気なら病院でなおせるかもしれないけど、性格となると・・・・」
同じことをかかりつけの獣医さんに言われました。

爪もちゃんと切ることが出来て、歯を磨いてあげることも出来るんだし、そういうことさせてくれる猫のほうが少ないんだよ。上出来じゃないの。
この子は病気じゃないんだよ、性格なんだから
上手に付き合ってあげようよ。って・・・

薬を飲ませることにとても抵抗がありました。
でも、興奮することはぐらの体にとっても
血圧が上がる等、負担がかかると言われました。
副作用は心配ないと言うことでしたので
最近ずっと薬を飲ませています。
バッチフラワーレメデイというものも試しています。
予防接種もあせらずに、時期を見て連れて行こうと思います。
Posted by そら at 2006年08月27日 09:25
そらさん、お久しぶりです。
ぐらちゃん、そのごいかがでしょうか。
少し落ち着いて来てくれていたらいいなぁ・・・と祈っています。
ところで、TVで広島の一部地域の断水のニュース聞いて、そらさんや、さえぴょさんのお家は、大丈夫なんだろうか??・・・って心配になっています。
大丈夫ですか?・・・
Posted by aqua at 2006年08月29日 11:09
aquaさん

ご心配いただいてありがとうございます。
私の住んでいるところは断水になっている地域では
ないのですが、被害にあわれている地域では復旧に3週間くらいかかるそうです。

朝起きて水が出ないなんて・・・
想像を絶するものがあります。
 
ぐらは・・・相変わらずです。
でも・・・私は無事です。あれ以来噛まれていません(笑)
Posted by そら at 2006年09月03日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。